〒542-0062 大阪市中央区上本町西5-3-9佐伯クリニックビル3F

TEL 06-6761-8814

【診療時間】10:00~13:00 / 16:00~18:30
【休診日】土曜日午後、木曜、日曜、祝日

大阪市中央区の眼科 スガオ眼科|ドライアイ、緑内障、眼精疲労

ドライアイ

ホーム診療時間・アクセススタッフ紹介機材紹介目の病気
ホーム»  ドライアイ

はじめに

疲れ眼、それはドライアイかも知れません。

眼が疲れやすい、あるいは何となく眼に不快感を感じるという人が増えています。テレビ、ワープロ、パソコンなどに囲まれて眼が酷使される現代では、疲れ眼など眼に不快感があると仕事だけではなく、日常生活でも大変不便に感じることでしょう。
こういった疲れ眼などの原因として最近注目されているのが眼の乾き、ドライアイです。眼が疲れやすいのは、眼を使い過ぎたためばかりではなく、もしかしたらドライアイという病気の一症状かもしれないのです。
ドライアイは、800万人以上もの患者が悩まされていると推定されるにもかかわらず、病気としての認識が低い疾患でもあります。ぜひ一度医師にご相談ください。医師の指示に従い、日常生活に注意すれば、より快適な毎日をすごせるはずです。

疲れ眼、それはドライアイかも知れません。

ドライアイってどんな病気なのでしょう?

眼が乾くために、不快な症状が現れるドライアイ

ドライアイは、涙液の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害を生じる疾患です。
涙が足りないと涙の役割が低下するので、眼は乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。

ドライアイの主症状

強い症状や長びく症状は放っておかないほうがいい

軽い症状はやがておさまることもあります。しかし症状が強かったりいつまでも長引くようなら眼の表面が傷ついていることが考えられるため、眼科を受診したほうがいいでしょう。傷から細菌が入り込んで眼全体が感染したり、傷が深くなって視力が低下するおそれがあるからです。

ドライアイの原因 なぜドライアイになるのでしょう?

ドライアイのメカニズム

ドライアイとは、涙が不足したり成分が変化して質が悪くなることによって、眼の表面に障害が生じる状態をいいます。 涙はまばたきによって網目状の薄い膜となり、いつも眼の表面を覆って乾燥あるいはゴミや細菌などから眼を守っていますが、ドライアイになると涙液が正常ではなくなるために眼の表面を十分に保護できなくなり、眼が乾くのです

眼表面(角膜)の拡大写真

涙が減る病気や薬の影響、または年齢や環境もドライアイの原因に

涙が不足したり質が悪くなる原因には、眼の病気やある種の薬の影響があげられますが、健康な人でも年齢と共に涙は少なくなりますし、夜間やストレスが高い時も少なくなります。 一方、涙は十分にあっても、まばたきが少なかったり部屋が乾燥しているとドライアイになりやすく、またコンタクトレンズやアレルギー性結膜炎はドライアイと深く関係しているといわれています。

ドライアイの主な原因

ドライアイの対策 ドライアイになったら

対策1 日常生活

普段の生活に少し気をつければ眼の渇きを軽くすることができます。

対策1 日常生活

対策2

対策2

ドライアイの可能性を自己診断してみましょう

ドライアイではなくとも、例えば眼鏡やコンタクトレンズの度が合っていないと眼が疲れやすく感じます。次のチェックリストでドライアイの可能性をチェックしてみましょう。 次の症状であてはまる項目にチェックをつけてください。ただし年に1、2度程度の症状はあてはまりませんが、軽度でも長期間にわたって現れる症状にはチェックをつけてください。

  • 眼が疲れやすい
  • 目やにが出る
  • 眼がごろごろする
  • 重たい感じがする
  • 眼が乾いた感じがする
  • なんとなく眼に不快感がある
  • 眼が痛い
  • 涙が出る
  • ものがかすんで見える
  • 眼がかゆい
  • 光を見るとまぶしい
  • 眼が赤い

チェックが5つ以上ならドライアイの可能性があります。
さらに10秒以上眼を開けていられない、まばたきの回数が多い(40回/1分以上)なら、その可能性がさらに高いといえるでしょう。
当院までご相談ください。